通信販売を利用してブランド品を買うときの注意点は信頼できるお店を選ぶことです。

こんな時はあのブランド☆シーンで考える“今買うべきもの”

通信販売を利用する注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
通信販売でブランド品を購入しようと考えている方も多いと考えられます。
その時の注意点について考えてみましょう。
まずは購入しようとしている販売先について調べてみることをお勧めします。
ブランド品をインターネットで販売している業者も増加しており、中には偽物を扱っているところも少なくはありません。
それ相当の値段を支払うのですから偽物は買いたくないと誰もが考えることと思います。
そこで信頼できるお店を見分けるポイントについて見ていきましょう。
まずはそのお店が日本流通自主管理協会に加入しているかどうかと憂いことです。
それを見分けるマークは天秤です。
このロゴが書かれてあるショップはそれに加入していると考えられます。
その団体は、偽造品の販売に強く反対しています。
それなので自社でも偽造品の販売はしないことになっています。
それに加入しているお店が販売しているブランド品は信頼できると思います。
お店の住所をチェックしてみましょう。
中には偽りの住所を記載してブランド製品を販売しているショップもあります。
その所在地はインターネットでも調べることが可能ですので心配な方はそこの住所が本当に存在するのかを確認してみましょう。
またインターネットで購入しようと考えているお店の名前や「詐欺」などのワードを入れて検索をしてみるとそれに該当した記載が見つかった場合はそのお店での購入は控えましょう。
インターネットで口コミを参考にする方も多いのですがそれを過信するのも注意が必要です。
中にはお店の関係者の方が良い評価を得ようと口コミをしているケースもあるからです。
価格が他社と比べても飛びぬけて安い場合も注意が必要です。
そのようなお店は偽物を販売している可能性が極めて高いでしょう。
返品が可能かどうかもきちんと調べておきましょう。
インターネットショッピングで最も危険なのが実物の製品が見れないことです。
写真やサイズなどが明記されていますのでその商品のイメージをある程度つかむことは可能です。
しかし実際に届いてみたら全く想像していた物と異なることも少なくはありません。
しかもブランド品の買い物は決して安くはありません。
それを考えると万が一のことを考えて返品が可能かどうかもきちんと調べておいてから購入したほうがいいのです。
また返品を受け付けてくれたとしても条件によっては不可能な場合もあります。
例えばお客様の都合による返品を受けてくれないお店もあるのです。

お役立ち情報