アクセサリーも年代ごとに人気ブランドが異なります。女子大生にはティファニーが人気です。

こんな時はあのブランド☆シーンで考える“今買うべきもの”

普段使いで人気なのは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高校生くらいになると、アクセサリーに興味を持ち始めるのではないでしょうか。
高校は学校によりそれを身につけるのが禁止されているところもあります。
それが大学生になると服装に関する規制がなくなるので毎日のようにアクセサリーを身につけるようになるかと思います。
そして身につけるアクセサリーもこだわりがある方が多いのです。
やはりここでもブランド製品にこだわります。
女子大生に人気のネックレスブランドはどこなのでしょうか。
第1位はティファニーです。
ティファニーといえばアメリカを代表するアクセサリーブランドです。
10年以上前にそこのネックレスが日本でも大流行しました。
クリスマスプレゼントにそこのブランドのショッピングバックを抱えている男性、女性を多く見かけたものです。
そしてその人気は現在でも健在なのです。
人気の理由は何でしょうか。
価格帯が幅広いことです。
ティファニーと聞くと高級品だという印象がありますが、お手軽価格のネックレスも多種類用意してあります。
それなので学生さんのお小遣いの範囲内でも十分に購入できるアクセサリーの数も多いのです。
次に人気なのは4℃(よんどしー)です。
こちらもショッピングセンターやデパートによく入っているお店です。
日本のブランドですから小ぶりでかわいらしいデザインのアクセサリーが多いのが特徴です。
これが20代女性になると人気の順位が変わります。
第1位は、4℃、第2位がスタージュエリー、そして第3位がティファニーと続くようになります。
なぜ20代になるとこのように変化するのでしょうか。
20代になると本当に自分がほしいと思うデザインや実用性を重視するようになるからだと考えられます。
女子高生や女子大生はブランド物を持ち始めるのは、自分が高級ブランドを身につけているという優越感を得たいという気持ちが強いように感じます。
そこで一目で見てブランド製品だとわかる物を選ぶ傾向が大きいように思えるのです。
それなのでデザインや実用性というのは二の次になっているのではないでしょうか。
しかし20代になってくるとそういったブランドの選び方ではなく、自分の好みや実用性に応じた製品の選び方をするようになってくるのです。
そして30代になるとまた順位が変わります。
ティファニー、カルティエ、ブルガリといった高級ブランドが再び人気となるのです。
30代は働いてきて貯蓄も増えてきますので良い物を求める傾向が強くなるのかもしれません。